家に依存しないようにしましょう

家を購入しようと思った瞬間から、家のことしか考えられなくなる人がいます。良い家に住むことだけに頭が働いてしまい、他のことを考える余裕がなくなってしまうのです。こうなってしまうと、家選びにも妥協ができなくなります。高級住宅地から外れた場所に家を建てるのは苦痛に感じたり、友達を呼べるような広いリビングのない家を建てるなんて、意味がないと思ってしまいがちです。しかしこのように家に夢中になっている人が理想の家を建てるには、莫大な資金が必要になります。仮に購入できたとしても、毎月のローンが大変な額になるでしょう。また住み始めてからも家に依存をした人になり、フットワーク軽く出掛けたりできなくなるかもしれません。家を購入するのは素晴らしいことですが、「家に依存しない」ことが大切です。家は自分の全てではなく、道具に過ぎません。仮に立派な家を持っていても、家主が立派なわけではありません。逆に立派な家を持たなくても、立派な人はいます。家について思いつめないように、冷静な判断力を持ち家選びをしましょう。